スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2017年12月19日

リゾートバイトってなんでお金が貯まる?

リゾートバイトってめちゃくちゃお金が貯まるって言いますけど、本当にお金が貯まるのでしょうか?

私は20代の頃にリゾートバイトをやっていました。その時にためたお金はまだ何かの時のためにとってあるのですが、普通に3桁あります。

リゾートバイトは一般的に住み込みバイトが多く、生活とアルバイトが一体になったような感じがあります。リゾートバイトスタッフが住む寮があって、そこでリゾートバイトスタッフが住みながらアルバイトをするというスタイルなのですが、寮費も、光熱費も、食事代(朝、昼、晩のどれか)などが出ることがほとんどです。

リゾートバイトの求人は、短期のものから長期のものまであるのですが、どのリゾートバイトにしても、とにかく人が必要なのに、普通の地元アルバイトではまかなえないから、リゾートバイトの求人を出しているというパターンが多いです。

そのため、とても辺鄙なところだったり、また、めちゃくちゃ大型リゾートバイトで、冬しか運営していないスキー場だったりするので、条件がとてもいいのです。

ホワイトデーにリゾートバイトとかいいですよね。ホワイトデーは一年の中で男の子が最もお菓子を買いに行く日でしょう。そうなると忙しくなるのがお菓子屋さんやケーキ屋さんです。そんなホワイトデーは実はただ楽しいイベントの日ではなくてバイトの稼ぎ時なんです。フリーター歴がちょっと長めのわたしですが(笑)わたしは毎年ホワイトデーには日雇いや短期でバイトをします。


ホワイトデーに限らずこういうイベントごとの短期バイトって、なぜか働いていてワクワクするのでわたしは大好きです。さらにはお菓子屋さんやケーキ屋さんが超忙しくなる時だから結構時給も良かったりします。フリーターに限らず大学生や高校生でも、ホワイトデーはバイトするのがおすすめですよ。


ちなみに多くのバイト求人サイトでは、ホワイトデーが近づくとホワイトデーのバイト特集を組んでいます。ここで大事なのがどのバイト求人サイトを選ぶかなんです。  


Posted by みんみ at 13:51Comments(0)

2017年12月15日

リゾートバイトをやりたい

昔々、大学生の頃、リゾートバイトでがっつり稼いで、いろんなところに旅行していたなぁーって最近、すごくリゾートバイトをメインでやっていた時代のことを思い出すんですよね。

リゾートバイトには、海外に留学したいとか、アーティスト目指してるとか、そういう夢を追いかけてお金を稼ぎにくる人もいれば、私みたいに就職するのが嫌で、でもお金がないからリゾートバイトで遊び代を稼ぐ人や、また、ドラマのように不幸があって止むを得ずリゾートバイトでしか働けなかった人など、いろんな人との出会いができます。

だから、リゾートバイト仲間で飲み会やってもめちゃくちゃ面白いんですよね。みんな何かにぶっ飛んでいるから…

年齢を重ねて、落ち着きたくなってなんとか就職口を見つけて、私は大人しく社会人になってしまいましたが、たまに思い出すんですよねー。リゾートバイト生活。

楽しかったなー。また、あの頃のリゾートバイトスタッフと一緒にワイワイと仕事がしてみたいなぁー。

休憩時間は滑り放題がウリのスキー場のアルバイト。住み込みだから貯金もできると年々人気を増してきているアルバイトですが、スキー場のアルバイトはいったいどこで探すのでしょうか?

1番おすすめの手段はリゾートバイト検索サイトから探すことです。この手の求人サイトにはスキー場のアルバイトが数多く掲載されているので、条件もスキー場のあるエリアも好きなように選べます。また、直接スキー場に連絡を取って面接を受けるよりも、いい条件のアルバイトが見つかりやすいようです。

リゾートバイト検索サイトに掲載されているアルバイトは、ある程度良いアルバイトというふるいにかけられているので、ハズレを引くことが少なくなります。  


Posted by みんみ at 11:05Comments(0)

2017年12月13日

リゾートバイト先で携帯電話を…

リゾートバイトに行ったある夏のことです。これは実際にあったかなり悲劇的なリゾートバイトの思い出です。

ある時、いつものようにリゾートバイトが終わって地元の友達に電話をかけようとおもったら携帯がなくなっていたのです。カバンや、リゾートバイトの制服の中、ポケットの中などいろいろ探して、リゾートバイト先にも戻り、休憩室やカバンおきの場所などなどいろいろと探し回ったのですが、本当になくなっていました。

もしかしてリゾートバイト先の誰かにとられてしまってのかな?なんて、あまり考えたくないようなことまで考えてしまって、でもまだリゾートバイトは始まったばかりなので、そんな知り合ったばかりの人たちが私の携帯を触って面白いはずがないっておい直して。

で、結局、その日は携帯がないままリゾートバイト先の寮に帰りました。

リゾートバイト先の寮に帰る道すがら、何が自分に起こっているのかすごく不安な気持ちになってしまって、リゾートバイト先で働くこともすごく怖くなってしまいました。

かといって、リゾートバイトがあるから、リゾートバイト先の寮に住めているわけだし、リゾートバイトの仕事を途中でやめるわけにはいかないなって思うと、残された後2ヶ月ほどは、誰に自分の携帯を持たれているのかを知らずに接しないといけないんだな…なんでもおもっていました。

まぁ、完全にリゾートバイト先の人を疑っている感じになりますけど、正直言って疑っていました。だって、私がリゾートバイトで立ち寄る場所なんてかなり限られているし、絶対に全部探したから他に携帯のありかを考えることなんてできないんです。仕事中に携帯を触ることなんてないんだから…

とりあえず、リゾートバイト先には携帯をなくしたことだけ報告をあげて、見つかったら教えてくださいっていうことだけ伝えたので、明日行ってみるしかないなっておもっていました。

  


Posted by みんみ at 08:35Comments(0)

2017年08月01日

体験したことが大切

私は、何度も書いていますが、大学生の時にリゾートバイトに明け暮れていました。そして、リゾートバイトに行ってよかってなって思うことがあります。就職活動も、横に置いちゃうほど、リゾートバイトにはまっていて、リゾートバイトで働くことが、私の中での遊びみたいなくらいリゾートバイトをしている期間が大好きでした。大変なこともいっぱいあったけど、それでも、リゾートバイトが終わる時の達成感と言ったら、他で味わったことのないような達成感でしたから…

なぜリゾートバイトに行ってよかったなっておもったかというと、就職活動の時に、すごくその時の経験が役に立ったんですよね。

面接で、感動したこととか、働くということについてどんな風にお考えですか?とか、結構、色々と聞かれたんですよね。まぁ、そりゃ面接っていうことなんで、当たり前ですし
仕方ないんですけど。それを聞くための面接ですからね。

どんなに言葉を綺麗につくっていても、予想だにしていなかった質問が飛ぶと、身ぐるみを剥がされてしまうんですよね。そして、経験したこととか、本当に感じたこととか、本当に思っていることしか、言葉に出てこないんです。

そんな、面接で話ししていることといえば、結局リゾートバイトでの体験とか、リゾートバイトに行って感じたことでしかないんですよ。

あれだけめいいっぱいやったリゾートバイトだから、今まで頑張ったことなんかについても、仕事に対しての考えなんかも、自分なりにちゃんと話すことができたのです。言葉はまとまってなかったかもしれませんけどね…
リゾートバイトでいろんな人に出会って、色んなことを体験してなかったら、面接もグダグダだった気がします。私が就職できたのは、リゾートバイトのおかげです。


  


Posted by みんみ at 07:42Comments(0)

2017年07月30日

リゾートバイトをするにあたって面倒なこと

新しい仕事をする時って、結構めんどくさいものですよね。まず自分のやりたい仕事を探して、その後面接に行くかどうかを迷いながら、どんどん会社に応募していかないといけません。会社に応募して、試験を受けることができるとなったら、筆記試験や面接に行く準備をしないといけません。面接に行くとなったら、手書きの履歴書と、職務経歴書を用意して、自己PRや、志望動機などを考え、準備しなくてはなりません。

あまり知らない会社に対しての志望動機を考えるのは面倒ですが、そこが面接の要所になるでしょうから、やはり手を抜けませんし、色々調べないといけないでしょう。そして、書くときは一言一句間違わないように細心の注意を払って書く必要があります。

そう考えるとお仕事探して1番面倒かもしれませんね。受かったあと、新しい仕事を始めていくのも、結構な労力が必要ですが、精神的には、仕事は見つかるまでと言うのが1番大変かもしれません。

リゾートバイトでは、そういう面倒なことがほとんどないんですよね。だって、私たちリゾートバイトをする側の人は、リゾートバイトの派遣会社にとって、リゾートバイト先に差し出す商品みたいなものです。

なので、リゾートバイトの派遣会社の登録さえ済ましてしまえば、あとは、リゾートバイト派遣会社の担当者が私の希望にできるだけそったリゾートバイトの仕事を探してきてくれるのです。

一番、精神的に参る仕事をリゾートバイト派遣会社の担当者がやってくれるんですよね。私は履歴書かくのも、職務経歴書かくのも大嫌いので、この点が、リゾートバイトって、気軽で好きなんです。まぁ、毎回希望どうりっていうわけにはいかないですが、結構頑張ってくれる担当者を見つけると、いい仕事してくれますからね。


  


Posted by みんみ at 10:02Comments(0)

2017年07月29日

リゾートバイトで人生の道しるべ

大学の時に、リゾートバイトをやっていました。結構ハマってやっていて、休みのたびに、いろんなところにリゾートバイトをしにいっていました。

長期休みになる前にだいたい行きたいリゾートバイト先をリサーチして、リゾートバイトの派遣会社の人に細かいことはお任せしながらリゾートバイトの行き先を決めていました。

リゾートバイトの立地とかも大切な条件でしたけど、毎回できるだけ職種を変えたいっていう思いを持っていました。それは、大学を卒業した後に、自分がやりたい仕事がどんなものなのかっていうのを、リゾートバイトしながら考えたかったっていう理由があったんですよね。

もちろん、寮の環境とか、食事とか、食費なんかの福利厚生の部分とか、また、どんな職場環境か?とか、そんなことも大切なことでしたけど、それでも、やっぱり迷った時は、できるだけやったことがない職種っていうのを選ぶようにしていました。全部が全部ではないですけどね…

とくにこだわったのがやっぱり接客を中心にさせてもらえるリゾートバイトってことです。それは、リゾートバイトを繰り返して行くたびにその思いは強くなってきました。リゾートバイトの回数が増えていくごとに人と接することが好きだなって思うんですよね。

だから、大学生の時にやったリゾートバイトの影響もあって、卒業後は人と接する仕事を中心に就職活動しました。あの時、リゾートバイトで色んな経験をさせてもらったことで、自分の人生でどんな仕事をやっていきたいのか考えることができたんだなって思います。

私の人生の道しるべは、リゾートバイトでした。百聞は一見に如かずってやつですね。


  


Posted by みんみ at 21:46Comments(0)

2017年07月28日

雨のリゾートバイト

私、雨って好きなんですよね…

冬の雨の外だけ嫌いなのですが、それ以外だとどの季節の雨もけっこう好きかもしれません。あとは、予定があって、濡れたくない時、お洋服が濡れちゃうと困りますもんね。

ってことは、結局あんまり雨が好きじゃないのかもしれませんね笑

中にながらの雨が1番好きですけど、でも外で濡れてしまう位の雨もけっこう好きかもしれません。

なんか、雨が降り始めると、ちょっとテンションが上がってしまうのです。

リゾートバイトの時に、雨だと、みんな、外にでたがらないから、ホテルの中や、寮の中に、いっぱい人がいて、なんか、楽しかったですよ。

特に夏の雨とか、梅雨の時期の雨は、まる

晴れてる時って空が綺麗で、太陽がいろんなものをキラキラに輝かせるから景色が綺麗ですよね。なんか詩人みたいになってしまいました。そのパワーのある景色も好きなんですけど、雨に打たれて、しとしととしているその感じも切ないけど、でも綺麗だなって思います。

リゾートバイトで、いろんな地域のいろんな景色を見てきたから、余計にそう感じるのかもしれないですけどね。

ちなみに雨の日のリゾートバイトは結構忙しいんですよ。床が濡れたりとか、お客様のケアも何かしら増えるし、お車の手配とかそういったオーダーも晴れの日より多いイメージです。リゾートバイトの派遣先によることは間違いないですが…

でも、そのリゾートバイトがバタバタする感じももしかしたら、雨が好きな理由なのかもしれないですね。あのアドレナリンが出ている雰囲気を思い出すので…笑

雨の日の特別の楽しみ方はあんまりよくわかんないですが、雨の日が好きと思って雨の日を体験するとまた違った気分になりますよ!
  


Posted by みんみ at 09:03Comments(0)

2017年07月26日

大好きな夏と、リゾートバイト

梅雨も明けて、待ちに待った夏本番です。嬉しいですね。私はこの時期が一番大好きです。

なぜ大好きなのかを考えて見たのですが、

⚫︎夏は、暑いけど、活動的になる
⚫︎スイカとか、桃とか、果物が美味しい
⚫︎夏祭りが楽しい
⚫︎お洋服が薄着で可愛くなる
⚫︎海がキラキラするから
⚫︎夏休みのイメージがいつまでもあるから
⚫︎夏は何かが起こりそうな気がするから
⚫︎リゾートバイトが冬よりも夏の方が楽しかったから
⚫︎花火が大好きだから
⚫︎浴衣が大好きだから
⚫︎暑い日にクーラの中で過ごす感じが好きだから

などなど…笑 くだらないことも含めて、夏が本当に大好きなのです。
だから、リゾートバイトをやっていても、冬のリゾートバイトであった私と、夏のリゾートバイトであった私とでは、きっと印象が違うはず…笑 夏のリゾートバイトの私は明るいけど、冬のリゾートバイトの私は、結構暗い印象があったんじゃないかな?って思います。

夏はね、私にとってなんか、特別な季節なんですよね… 大好きな人と、浴衣を着て見た花火が忘れられないし、誕生日が夏だっていうこともあって、友達や、大好きな彼からのサプライズで、何度泣いたかわからない夏。

本当に夏になるだけで、すごく幸せになるんです。

それにもまして、夏のリゾートバイトでは、たくさんのお友達との出会いもあったから、
私は夏になれば、無条件に幸せになれるっていうお天気ものなのです。まぁ、年齢を重ねてきて、暑いのがちょっとだけ大変になってきたけど、それでも、冷たいものたべて、体を冷やしたらすむことですからね笑

扇子で顔を仰ぎながら、幸せな夏を満喫しましょう!あぁ、久しぶりにリゾートバイトにいきたいなぁー。

  


Posted by みんみ at 08:28Comments(0)

2017年07月25日

美味しい焼肉を食べたら思い出す

焼肉が食べたいなぁー。焼肉って無性に食べたくなる時ありませんか?どちらかと言うと、イタリアンとかデザートとか、そういったものは無性に食べたくなるけど、焼肉って普段からそんなに食べたくなるものではないんですよね。でも、めちゃくちゃ疲れて、体力をつけたいなって思う時とかに、なんかあの濃い味が食べたくなってしまうんですよね。

リゾートバイトに行っていた時も、リゾートバイト先の上司が、結構リゾートバイトスタッフを可愛がってくれる珍しい上司で、ちょっと元気ないなって時には、上司がそれに気づいてくれて、「おいしいもん食べに行くか?」って言って大体焼肉に連れて行ってくれてました。多分その地域では、良いお肉屋さんだったと思うのですが、誰かが落ち込んでいるとそこら辺にいるリゾートバイトスタッフ何人かを一緒に連れて行って、「いつもおいしいもの食べていないんだから今日はおいしいものをたくさん食べなさい」って言って、デザートまでたらふく食べさせてくださいました。

その時のリゾートバイトは、仕事中は結構厳しいことも多かったけど、みんな仲良くて、何よりほんとに数ヶ月の付き合いだったのにもかかわらず、その上司を中心に既存のスタッフさんが、リゾートバイトスタッフを仲間として受け入れてくれていたので、本当に働きやすかったです。

やっぱりリゾートバイトは、短期なことが多いし、仕事も1から覚えないといけないので、すぐには戦力にならないし、どちらかと言うと、よそ者的な扱いをされることの方が多いと思うのですが、あのリゾートバイト先は、本当に自分の職場っていう意識で働かせてもらえました。だから、焼肉を食べるとあの上司を思い出すんですよね。

  


Posted by みんみ at 08:13Comments(0)

2017年07月23日

熱帯夜な、リゾートバイト

私は、寒がりの暑がりやさんで、ほんとに、自分で体温調節が聞かない厄介な体質の持ち主です。

夏はちょっと気温が上がってくるだけで、病気かな?って思うくらい汗が出ますし、背中や顔から、タラーっと汗が流れてくるのです。そのくせ、冷房の中にずっといると、本当に寒くて凍え死にそうになります。これ、周りも面倒なのですが、面倒って思われることが嫌で、寒いとか、暑いとか、極力口にしないようにしているのですが、周りが気づくぐらい暑がっていたり、寒がっていたり住るみたいで、私の努力もむなしく、周り完全にバレてしまいます。ほんとに、恥ずかしいですし、厄介なので、一時期、病気も心配して病院に行ったのですが、体質っていう一言で片付けられてしまいました。

困ったのはリゾートバイトでの夏でした。寮の中の温度管理が全部でやるところで、もう一括管理なんですよね。古い施設だったから余計だと思うのですが、部屋に一つエアコンが欲しいと思いながらも、仕方なく自分で、工夫するしかなかったのです。

それが冬だったら、着込むっていうことでなんとか対策取れたと思うのですが、夏本番だったので、熱帯夜をどう過ごすかっていうのが、私の中で、リゾートバイト中の大きな課題になりました。

だって、暑いから寝れなかったって、リゾートバイトのお仕事はちゃんとしないといけませんもんね。でも、熱帯夜での不眠とリゾートバイトのお仕事のバランスを取るのに始めけっこう苦労しました。

で、考えに考えた挙句、冷たくなる敷布団を買って持っていくことにしました。それでも辛かったので、保冷剤を入れるぬいぐるみを買ってセットでリゾートバイトにいくようになりました。解決策が見つかって良かっです。

  


Posted by みんみ at 09:15Comments(0)